愛人契約・・・愛人という職業

愛人として暮らしていたのは、今の旦那さんと結婚する前のことでした。
約2年間ほど、愛人として月に20万円程のお金をもらっていました。
もちろん、これとは別にマンションの家賃も支払ってもらっていました。
私が愛人となったきっかけは、働いていたキャバクラで出会ったお客さんとの出会いでした。
建築関係の自営業をしているおじさんで年齢は50代ぐらいでした。
初めて、接客した時から気に入ってもらえたようで頻繁に指名してくれました。
そのうち、アフターにもいくようになり、そこで「愛人にならないか?」との提案がありました。
もともと、お酒が飲める方ではなく、体力的にも夜働くのがきつかったので軽い気持ちでOKの返事をしました。
私の感覚としては、「働かずして収入を得られる」と感じたからです。
パパも週に何度か泊まりに来るだけでそれ以外の時間を拘束されることもなく、あくまで自由な愛人生活だったので快適そのものでした。
もちろん、奥さんも子供もいる方でしたが、浮気と違いお金をもらっている関係だったので、罪の意識もなかったし愛情が生まれることも私の中ではありま得んでした。
結局、2年後に私に彼氏ができたこともあり、愛人契約はなくなりましたが、今でも相談相手として付き合ってもらっています。
肉体関係はありませんが、時々プレゼントなどはもらいます。
自分としては愛人は職業と割り切っていたので別にいいのですが、旦那さんにもしこのことがばれたら引かれそうで怖いです。