友人が愛人という立場で苦しんでいます

とある人の愛人になった友人がいますが、傍目から見ても幸せだなと感じることは微塵もありませんでしたね。
よく恋愛絡みの相談を受けていたのですが、普通の恋愛トークのような幸せな感じは一切無く、どうして妻子ある人を好きになってしまったのだろうという後悔の念が前面に出ていましたね。
それに対して、友人として私が出来ることは「別れた方が良いよ」というアドバイスを送ることだけ。それ以外を進言することはできませんし、仮に今の恋愛が成就したとしても確実に泣く人が出てくるわけです。この場合は、不倫相手の妻子ですよね。
私は妻子ある人を前にすると、一気に恋愛感情は無くなります。つまり、愛人にはなりえないということですね。
しかし友人の場合は、妻子がいようが何だろうが「好き」という感情が先立ってしまうと止められなくなってしまうようです。
ただ、普通は相手方が恋愛感情を持ってこられても、妻子ある人であればそれを抑制して接するか、もしくは避けるようになるはずなんですけどね。
そうはならないということは、言葉は悪いですがその相手もそれ相応の人間だということなのでしょう。
中には愛人関係から本妻になる人もいますし、実際にそれで幸せを掴んだ人もいます。
そういった人は、相手方も浮気ではなく本気だからなのでしょう。それを見極めるのは難しいですが、やはり愛人という立場を覆していくことは並大抵の事ではなく、非常に大変なのだろうなと思いますね。